【100人に聞きました】自転車どう思います?

私たちの最も身近な交通手段である自転車。東京都内6区では、自転車シェアリング広域実験も開始されています。CRECOユーザーは一体どのように自転車と付き合っているのでしょうか?今週も100人に聞いてみました!
(調査対象:CRECOユーザー100人、調査期間:2017年7月20日)

 

■自宅にある自転車の台数とそのタイプ

まずはご自宅に自転車は何台あるかという質問から。1~2台お持ちの方が多い(1台+2台お持ちの方の合計が56%)という結果でしたが、同時に持っていない方も25%いらっしゃいました。

CRECOリサーチ 自宅にある自転車の台数

お持ちの自転車としては、いわゆるママチャリがダントツに多いようです。電動アシスト自転車をお持ちの方も一定数いらっしゃいました。

CRECOリサーチ 自宅にある自転車のタイプ

 

■自転車のカゴ

自転車で買い出しに行き、大荷物となったときに「後ろにもカゴがあればなあ」と思ったことがあったので、自転車のカゴについて聞いてみました。
ママチャリだと購入時に大体そうなっていると思いますが、カゴは前だけつけている方が多く、後ろにカゴをつけている方は少数派だったようです。

CRECOリサーチ 自転車のカゴ

 

■自転車の鍵と盗難経験

また、鍵についても自分で追加されている方はどれほどいるのか疑問に思い、お尋ねしてみました。鍵も元々ついているままにされている方が多かったのですが、自分で鍵を1つ追加している方も一定数(23%)いらっしゃいました。
自転車の盗難経験と鍵の追加との間の相関ですが、盗難経験のある方の中でも、自転車に鍵を自分で1つあるいは2つ追加している方の割合は28%程度にとどまり、鍵での防犯を考える方は少なめのようです。よけいなお世話かもしれませんが、自転車は盗まれると不便なもの。頑丈な鍵を追加することをおすすめします…!

CRECOリサーチ 自転車の鍵
CRECOリサーチ 自転車盗難経験

 

■自転車購入の決め手

質問の角度を変え、自転車の購入の決め手について伺ってみました。「安くてもある程度の品質は欲しい」「デザインや色で購入を決める」が2大ご意見。安ければ安いほど良い、あるいは最高の品質のものを求めるといった、質や金額に極端にこだわったご意見は少ないようです。また、家電などとは異なり、自転車に関してはネットでの評判はあまり気にしない傾向にあるようです。

CRECOリサーチ 自転車購入の決め手

 

■自転車への向き合い方

自転車への向き合い方についてお尋ねしてみたところ、「タイヤに空気を入れるのが面倒」「空気入れが自宅にある」というタイヤの空気問題に関する回答を多くいただきました。確かに定期的に空気を入れないといけないのは大変です。ただ、最近では空気入れ不要のタイヤも開発されつつありますので、近い将来タイヤの空気入れのめんどくささは解消されるのかもしれません。(参考:ブリヂストン、空気不要の自転車タイヤ開発

CRECOリサーチ 自転車への向き合い方<

 

■で、結局自転車は好き?

最後に自転車への好悪感情を聞いてみましたが、好きが51%、どちらでもないが44%、嫌いとお答えになった方はたった5%という結果でした。身近にある存在であるだけに積極的に自転車が嫌いという方は少数派のようです。

CRECOリサーチ 自転車への好悪感情

 

■自転車にまつわるエピソード

自転車にまつわるエピソードを伺ってみました。一部を抜粋してご紹介します。

  • 自転車で小さい頃近所の友達とよくサイクリングして遊んでいた
  • 週末に近所の山をヒルクライムするのが趣味です!
  • 乗り物好きです。乗用車、自動二輪、スポーツサイクルなど。自転車での転倒を経験して自動二輪や乗用車の運転に慎重になりました。特に雨上がりに前輪のグリップを失い転倒した時の経験が今の運転に生かされていると思います。
  • パンクしないタイヤの電動自転車がほしい。
  • 1日で150km走った時はさすがに疲れました。
  • 左側通行をしていない自転車が多く、危険を感じることが少なくないです。交通ルールの周知徹底を願っています。
  • 気候の良い時に、乗って走るのが爽快!
  • ポスティングの副業を始めたのですが 荷物が多くてとても困っていたところ、自転車を購入しました。とてもスムーズに仕事が出来て、尚且つ 自転車を漕ぐと風を感じられてとても清々しい気持ちになりました。
  • 自転車をおす時、自転車の右側に立ちます。自転車を止める器具は左側用しかないようで、止める時はいちいち右側からおりて、左側にまわらないといけないので、とても不便です。

 

【クレジットカード明細おまとめアプリCRECO】のユーザーにアンケート調査を
行ってみませんか?お気軽にこちらからお問い合わせください!



関連記事

ページ上部へ戻る