【100人に聞きました】ゴールド/プラチナカードどうですか?

毎回100人を対象にしていろいろ伺っている本アンケート。今回は憧れのゴールド/プラチナカードについて聞いてみました。すでに持っている人はどのくらいいるのか?またこれから持ちたいゴールド/プラチナカードはどのブランドのものなのでしょうか?

(調査対象:CRECOユーザー100人、調査期間:2017年4月4日~4月5日)

■あなたはゴールド/プラチナカードを持っていますか?

まずはゴールド/プラチナカードの所有率を探ります。CRECOユーザーは基本、クレジットカードの所有者なのですが、その中でもゴールド/プラチナカードを持っているのは約1/3の36%にとどまりました。

CRECOリサーチ あなたはゴールド/プラチナカードを持っていますか?

 

■ゴールド/プラチナカードを持つ理由・持たない理由

次に「なぜゴールド/プラチナカードを持っているのか」あるいは「持たないのか」その理由について聞いてみました。

持っている理由としては「ポイントが貯まりやすい」「旅行傷害保険」「空港のラウンジサービス」がトップ3となりました。ゴールド/プラチナカードの広告などを見てもこれらのポイントを打ち出しているものが多い印象を受けます。
逆に持たない理由としては、「年会費が高すぎる」が多く、「特にメリットが感じられない」「優待や専用サービスを使いこなせない」が続きます。持たない派にとっては「コスパが悪い」ととらえられているようです。

CRECOリサーチ ゴールド/プラチナカードを持つ理由
CRECOリサーチ ゴールド/プラチナカードを持たない理由

 

■今後、ゴールド/プラチナカードを持ちたい(増やしたい)と思いますか?

次に聞いたのは現状ではなく、今後のお話ですが、今後持ちたい(増やしたい)と思う方は少数派(28%)でした。

CRECOリサーチ 今後、ゴールド/プラチナカードを持ちたい(増やしたい)と思いますか?

 

■ゴールド/プラチナカードがもっとこういうふうになれば自分も申し込むのに!

ではゴールド/プラチナカードのどこが変われば持ちたいと思うようになるのでしょうか?

半数以上の方が「年会費が無料もしくは安くなれば」という点を挙げています。
ただ、実際には、年会費が実質無料であったり(例:イオンゴールドカード)、低額(例:楽天ゴールドカード)のゴールド/プラチナカードも存在しています。

「通常のカードとの違いがあまりわからない」という意見や、別の質問に対してですが、「いろいろありすぎて選べない」という意見もあったため、ゴールド/プラチナカードにおいては、カードごとの特徴が伝わっていない・差別化できていないということもあるのかもしれないと感じました。

CRECOリサーチ ゴールド/プラチナカードがもっとこういうふうになれば自分も申し込むのに!

 

■今後、ゴールド/プラチナカードを持つ場合、どのブランドを選びますか?

やはり今後の話で、もし所有するとなった場合のブランド名を選んでもらいました。

結果としては、「選べない・わからない」が最多。具体的なブランド名として挙げられていた中での上位3つは「楽天ゴールドカード」「アメックスゴールド」「アメックスプラチナ」でした。
CRECOユーザーが最も多く所有しているのが「楽天の通常カード」であるため、「楽天ゴールドカード」の認知度も高いと思われます(選んだ理由として「楽天カードを持っているから」が多かったです)。また、アメックスについては選んだ理由として「ステータス・ブランド」を挙げている方が多く、老舗ならではのブランド力を感じました。

CRECOリサーチ 今後、ゴールド/プラチナカードを持つ場合、どのブランドを選びますか?
CRECOリサーチ 今後、ゴールド/プラチナカードのブランドを選んだ理由は?

 

■ゴールド/プラチナカードに対して持っているイメージをお教えください。

最後に、ゴールド/プラチナカードに対するイメージについて聞いてみました。
「以前より所有の敷居が下がっている」「通常カードで十分」というネガティブな意見もあったり、より上位のカードであるブラックカードと比較して、「ブラックカードほどすごくない」という意見も出たりしていますが、「持っている人はお金持ちだと思う」「憧れる・いつか自分も持ちたい」というような、従来通りの「ゴールド/プラチナカードがステータスシンボルである」という意見も多くありました。

CRECOリサーチ 今後、ゴールド/プラチナカードに対して持っているイメージをお教えください。

 

【クレジットカード明細おまとめアプリCRECO】のユーザーにアンケート調査を
行ってみませんか?お気軽にこちらからお問い合わせください!



関連記事

ページ上部へ戻る